本当に民主主義なのか!?と思うような国

政治

民主主義を主張する国をあげてみた

前回は民主主義についてまとめましたが、今回はそれを踏まえて、「民主主義と書いているけど、本当にそうなの?」といった国を見ていきたいと思います。

中華人民共和国

中国の国の名前の中には「人民」と入っていますが、かつて軍隊が国民に平気で発砲するということもありました。
果たしてそれが国民のための政治と言えるのでしょうか…。

ラオス人民共和国

人民革命による一党独裁制を貫いています。

北朝鮮民主主義人民共和国

北朝鮮は、金日成の独裁政治に始まり、その息子となる金正日、そして金正恩と、三代に渡り独裁政治が続いています。側近が暗殺されるなどの事態も起きており、到底民主主義といえる状態には程遠いでしょう。

実際に北朝鮮に訪れたとしても、北朝鮮が見せたいところしか見せず、それ以外は見せいないようにしています。

国民も北朝鮮の批判こそは言いませんが、北朝鮮の光景は、暮らしの貧しさが垣間見えます。

かつての東ドイツ

「ドイツ民主共和国」と民主主義を掲げていました。東ドイツから西ドイツに逃げようとする国民を逃さないためにベルリンの壁を築き上げ、国民を壁の中に閉じ込めました。

それを越えようとする国民は銃で撃ち殺されるなど、国名とは真逆の行為をとっていました。

 

インド人経済学者アマルティア・セン

1998年にノーベル賞を受賞したインド出身の経済学者センは「自由な選挙で代表を選ぶような政治システムがある国では、餓死するような饑饉は発生しない」と言っています。

独裁政治では、国民の状況や不満が政治に反映されず、国民はほったらかしのため、食糧不足などが起きたりします。

政治家がしっかりと国民に向き合い、もしそうでなければ辞職させる。そのような政治耐性があるからこそ、今こうして安心して暮らせるのですね。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

政治
参議院選挙の仕組みはどうなっているのか

前回、衆議院選挙の仕組みについて、解説しましたが、一方で衆議院選挙はどのような仕組みになっているので …

政治
衆議院選挙はどのような仕組みになっているのか

衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」を導入しています。なんか長くてわかりにくい名前ですね。 衆議院 …

政治
選挙制度って実際どうなっているの?|わかりやすく解説してみた

選挙の制度は「大選挙区制」「中選挙区制」「小選挙区制」「比例代表制」などいろいろあります。 今回は、 …