日本の三権分立の仕組みとは

政治

皆さんも三権分離という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。

現在の日本の政治は議会制民主主義を採用されていて、国民から選挙によって選ばれた代表者が作る議会を国会といいますが、その国会を国の意思決定をおこなう最高機関として扱う仕組みです。

わかりやすくいうと、国の代表者が作る議会は国で一番えらいという風に捉えれば間違いないかと思います。

そして国会は衆議院と参議院によって構成されています。これを二院制といい、議論が暴走せず、慎重な話し合いをおこなうことを目的としています。

慎重の話し合いがおこなわれると、国の意思決定が質の高いものとなるためこうした制度が取り入れられています。

三権分立とは

では本題に入ります。日本では日本国憲法により、三権分立という制度を取り入れています。

ではここでいう三権とはどのようなことを指すのでしょうか。

  1. 立法機関:法律を作る機関。立法府である国会が、法律を作る。
  2. 行政機関:国会で決められた法律や予算をもとに政策を実行する機関。すなわち内閣総理大臣を代表とする内閣にあたる。
  3. 司法機関:憲法や法律に違反していないかを裁く機関。裁判所にあたる。

 

これらの三つの機関は独立しており、お互いを監視することによって、権力が暴走したり、権力が集中しないように監視しているのです。

しかし、この中でも一番えらいのは国会です。

こういった各機関の関係性を踏まえておくだけでも今後の政治に関する知識が吸収しやすいかもしれません。

是非参考にしてみてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

政治
参議院選挙の仕組みはどうなっているのか

前回、衆議院選挙の仕組みについて、解説しましたが、一方で衆議院選挙はどのような仕組みになっているので …

政治
衆議院選挙はどのような仕組みになっているのか

衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」を導入しています。なんか長くてわかりにくい名前ですね。 衆議院 …

政治
選挙制度って実際どうなっているの?|わかりやすく解説してみた

選挙の制度は「大選挙区制」「中選挙区制」「小選挙区制」「比例代表制」などいろいろあります。 今回は、 …